プラセンタが抜け毛薄毛育毛に効果!

プラセンタ

プラセンタが抜け毛薄毛育毛に効果!

プラセンタが抜け毛薄毛育毛に効果!

なぜ⁈プラセンタが抜け毛や薄毛に効果があるの!

プラセンタとは前章でもお話しましたが【胎盤】です

プラセンタ効果は美肌・授乳、出産後の精神安定からホルモンバランス 調整、免疫力の活性化と数々の効果が表れておりますが 抜け毛や薄毛にも効果 があるのね。

【プラセンタ】胎盤についてはコチラもご参照ください

プラセンタ効果のウソ⁈本当‼︎

毛髪の主成分となるケラチンたんぱく質は主にアミノ酸から構成されておりますが、毛髪を痛める外的要因には石油系界面活性剤入りのシャンプー使用やパーマ・ヘアカラーなどでタンパク質の流出があり、常にアミノ酸を補って上げる必要があります

したがってアミノ酸保有量の多い馬プラセンタは毛髪の育成に優れています又、頭皮や毛根には毛母細胞があり馬プラセンタの成長因子とアミノ酸が直接的に発育を促してくれます。

*プラセンタ特有の成長因子が毛母細胞に働かけ細胞増殖を活性化してくれます勿論、毛髪に限られた事ではありません

プラセンタのアミノ酸含有量の比較(馬・豚)

通常、化粧品や健康食品などには「馬」「羊」「豚」「牛」など動物の胎盤が使われ以前までは「牛」の胎盤が使用されてましたが安全性が懸念され、ここ最近は「牛」以外のプラセンタが使われております。

【馬プラセンタ】は頭皮や毛髪に必要な【アミノ酸】含有量が豚プラセンタの296倍と他のプラセンタよりも豊富なのですね



Contents

プラセンタ特有の成長因子とは⁈ひと成長ホルモン減少?

良質の馬プラセンタエキスが毛髪サイクルを正常化へ

プラセンタで秋の抜け毛対策に!

抜け毛薄毛やアレルギーに気を付けたい旧指定成分とは

経皮毒の影響は抜け毛薄毛や育毛阻害だけではありません

気になるプラセンタ成長因子を保有するシャンプーとは?

経皮毒を避けてプラセンタシャンプー剤選びをしましょう



プラセンタ特有の成長因子とは⁈ひと成長ホルモン減少?

人は老化と共に成長ホルモンが減少します…毛髪も例外ではありません、思春期をピークに20代後半から急激に下降します

頭皮、毛母細胞に限らず身体の細胞全体が成長ホルモンで修復、再生を繰り返し若々しく、美しく、健康でいられるのです

ですが、この成長ホルモンは食物や他の美容成分では補えないのですね、プラセンタ特有の成長因子はグロースファクターとも呼ばれます

最近は植物性、海洋性のプラセンタもありますが細胞を増殖する成長因子グロースファクターは動物性(哺乳類)プラセンタにしか含まれていません

哺乳類の中でも【馬のプラセンタが上質】とされ、プラセンタやアミノ酸保有量が濃いんです

成長ホルモンは睡眠中に2時間から3時間の間隔で下垂体前葉より分泌される。
 したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進される。

出典 http://ja.wikipedia.org

*上記の様に成長ホルモンの分泌には睡眠時間重要になってきます
特に23時~3時の間は分泌が活発な時間帯といえますのでなるべく就寝しておきたいですね。

プラセンタ特有の成長因子とは

プラセンタの成長因子グロースファクターは下記の【FGF】【EGF】【IGF】【HGF】【NGF】【CSF】の6細胞増殖因子から構成されています

FGF(線維芽細胞増殖因子)EGF(上皮細胞増殖因子)IGF(インスリン様成長因子)HGF(肝細胞増殖因子)NGF(神経細胞増殖因子)CSF(コロニー形成刺激因子)

特に頭皮や毛髪、お肌のハリや潤いの欠かせないヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどを表皮・真皮・皮下組織で再生修復するのが【FGF】【EGF】【IGF】といわれます

抜け毛や薄毛、老化予防に美しくあるためには馬プラセンタの成長因子は欠かせませんね

2004年厚生労働省議事録より

FGF(線維芽細胞増殖因子)の書見

うぶ毛化した毛髪を太毛化することにより、外観的な 薄毛の範囲を縮小させることが ... 皮膚血流試験、ヒト単離毛包による毛包器官培養 試験、ヒト培養毛乳頭細胞でのFGF-7遺伝子発現亢進効果

出典 http://www.mhlw.go.jp

女性も年齢とともに増える男性ホルモンを抑えて!

上記のように【馬プラセンタ入りシャンプー】は男性ホルモンを調整し、毛母細胞や他の頭皮細胞を活性化し炎症を抑えて頭皮環境を整えてくれます



*最高級の馬プラセンタは完全無農薬自然放牧のキルギス共和国産で希少価値

*一年で3kgしか産出できないと言われております




良質の馬プラセンタエキスが毛髪サイクルを正常化へ

毛髪のサイクル

上記のイラストは正常なヘアサイクルの状態ですが個人差はもちろんあります

男性ホルモンの過剰分泌や過度のストレス、紫外線や頭皮の蒸れ、経皮毒となる化学合成物質(界面活性剤、防腐剤などの旧指定成分)が要因でヘアサイクルが乱れて抜け毛や薄毛を促進してしまうのです。

毛髪のヘアサイクルは髪の一本一本が異なりますが、サイクルが乱れると成長期が短くなってしまいます、頭皮は畑の大地と一緒なのですね

経皮毒となる化学合成物質は農薬と一緒に思いませんか?

勿論、内的要因となる食生活も大切になってきますね…

揚げ物はなるべく胡麻油やオリーブオイル、グレープシードオイル(ぶどう油)などヘルシーな油を使いましょう

天然無添加のキリギス産馬プラセンタが豊富に入ったシャンプーでしたら抜け毛を最小限に抑えてくれますね。

プラセンタで秋の抜け毛対策に!

育毛

秋は「毛替わり」といわれ昔から抜け毛が気になる季節ですねぇ…

夏の疲れや身体の消耗、紫外線の影響、冷たい飲み物の影響と内的外的要因を上げますと沢山ありますね皆さまも思うところありませんか?

「食欲の秋」とは申しますが【抜け毛】の秋でもありますね…
ご心配為さらず、あなただけではありませんよ

普段は平均80本~100本の抜け毛はありますが、この時期は約倍の200本に及ぶとされます

この機会に生活習慣を改善してみませんか?
夏からの睡眠不足は頭皮の血流も影響がでますし、食生活も改善してみてはいかがでしょうか?

お仕事でお忙しいでしょうが遅くとも24時前には就寝したいものですね
成長ホルモンが分泌されるのが22時から2時の4時間とされます

食事ですが良質なタンパク質、ビタミン、ミネラルなどバランスの摂れた食事を心がけましょう

*栄養バランスや血流が崩れると末端の頭皮や毛髪まで栄養が届きませんから、いくら良い育毛剤やシャンプーを使っても効果は半減してしまいます

内側からも外側からも【プラセンタ効果】が期待できたら宜しいですね


抜け毛薄毛やアレルギーに気を付けたい旧指定成分とは

旧表示指定成分について詳しくは
表示成分を注意!旧 表示指定成分含む

旧表示指定成分とは旧厚生労働省が身体に有害で「アレルギー反応やかぶれを起こす可能性がある物質を表示してください」と指定された成分です

現在は有害無害問わずシャンプー・化粧品・食品など、その商品に使用されている物質を全て表示しなくてはなりません。

ですが以前までの旧表示指定成分と違い危険性のある物質と有効な物質が一緒に表示されている為に調べないと解らない状態にあります。注意したいのは洗浄成分(界面活性剤)や防腐剤、香料、着色料などの添加物です

又、【無添加と謳われている商品】の中には旧表示指定成分が無添加でその他アレルギー物質が混入されている可能性がありますので成分の表示には注意しましょう

*天然の素材でもその方の体質や体調の変化によりアレルギー反応を起こす可能性があります、体に何らかの症状が表れた際には皮膚科でパッチテストを行い合わない物質を把握しましょう。

経皮毒の影響は抜け毛薄毛や育毛阻害だけではありません

あっ毒だ

大体正常の皮膚から入る分子量が推定で500
以下という報告がございますので……

出典 http://www.mhlw.go.jp

経皮毒!聞きなれない方もいらっしゃることでしょう…シャンプーや化粧品、パーマ剤、ヘアカラー剤、歯磨き粉、食器洗剤から入浴剤に至るまで化学合成物質の添加物が使用されています

添加物には洗浄成分の界面活性剤、保存料の防腐剤、商品の品質を安定させる安定剤、乳化剤、歯磨き粉に使われる研磨剤、発泡剤など数々の経皮毒となりうる化学合成物質が添加されています

これらの経皮毒となりうる化学合成物質の多くは粒子の大きさが小さく(分子量500以下)皮膚のバリア機能を通り抜けて吸収され、血流にのり体内に蓄積されます

蓄積された経皮毒は弱い方はアレルギー反応を引き起こし、症状がでなくても膵臓、肝臓、生殖器などあらゆる内臓を蝕む可能性があります

勿論、妊婦さんは胎児への影響も考えなければなりませんね…

経皮毒がママや赤ちゃんに与える影響

気になるプラセンタ成長因子を保有するシャンプーとは?

もうここまでお読みになったあなたはプラセンタ入りのシャンプーが気になりますよね


市販のシャンプーの恐ろしさが実感されたことでしょう!


プラセンタの育毛への可能性や美肌にも影響を持つ成長因子はプラセンタでしか補えません


このシャンプーには もう一つの秘密があります


それは……


キャピキシルという新成分が配合されています


このキャピキシルという成分は


〇アップ、〇カル〇Ⅾなどに入っている発毛効果のあるミノキシジルの


3倍!といわれます


そんなプラセンタとキャピキシルの相乗作用


に期待が高まります


従来の育毛シャンプーとは明らかに


異なる成分だとおわかりでしょう


こうしている間にも抜け毛は


待ってはくれません


もう一度いいます


こうしてる間にもあなたの男性ホルモンは


増えて抜け毛のリスクが高まっています


プラセンタで抜け毛のリスク男性ホルモン抑えて


成長ホルモンを活性化し頭皮環境を整えましょう


プラセンタとキャピキシル配合のシャンプーはSORAスカルプシャンプーだけです


経皮毒を避けてプラセンタシャンプー剤選びをしましょう

SORAスカルプシャンプー
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ