ウソ 知って驚き!間違った目の健康法

健康

ウソ 知って驚き!間違った目の健康法

Eye知って得する間違った目の健康

私は驚きました…良いと思っていた常識が非常識だったとは…きっと私と同じ認識の方々がいらっしゃるのではないかとの想いで一刻も早くに共有したく【深作眼科院長】深作 秀春先生のコメント記事を参照させて頂きました。

日本では、目に関するさまざまな誤った常識がはびこっています。目の健康は「医学」であるにもかかわらず、コンタクトレンズメーカーや美容業界、薬品メーカー、はたまたインチキなお手軽健康本といった商業主義の宣伝に、多くの人が洗脳されているからでしょう。

私が初めて書いた一般向けの書籍『やってはいけない目の治療 スーパードクターが教える“ほんとうは怖い”目のはなし』で、日本にはびこるさまざまな誤った常識を指摘しました。その一部をここで紹介したいと思います。

出典 http://toyokeizai.net

❶食べても目は良くならないブルーベリーの秘密
先生いわく都市伝説のようなもの⁈
そもそもの話は第二次世界大戦中にイギリス空軍パイロットが好きだったブルーベリージャムを食べて夕方でも物が「ハッキリ見えた」という逸話からのようですね。
ブルーベリーの成分としてアントシアニン、ルテイン、ゼアキサンチンなどで眼病予防や障害から守る働きは期待できるとのことですね。

以下参照、引用は東洋経済「プロからみると、目の健康法はウソだらけ」、明治大学コミニュケーション研究所「類似化学とされるものの科学性評定サイト」

これはブルーベリーに含まれるアントシアニンが目によいと信じられていたからです。しかしブルーベリーに抗酸化作用があるのはわかっていますが、眼の健康によいかもしれないという程度の希望的な観測だけで、医学的な効果は証明できていません。

出典 http://toyokeizai.net

確認できる範囲では、中立的な研究機関において、ブルーベリー成分のヒトにおける有効性は示されていない。唯一、ブルーベリーの一種であるビルベリーの成分が高血圧網膜症などの特定疾患には「非常に低水準であるが有効性がある」との信頼のおける研究報告もある。

出典 http://www.sciencecomlabo.jp

❷やってはいけない!まさかの眼球運動と眼トレ
これにもビックリですわね!みなさんも一度や二度なさったことがあるのでは?
私は周期的には行っていませんが気が付いた時にやっていました。手遅れにならなくて良かったです。

激しく目を動かすという行為は、目の中の硝子体線維を激しく揺さぶる行為であり、目の健康増進や老化防止などにはまったく役に立たないばかりか、網膜剥離の原因になるのです。

出典 http://toyokeizai.net

❸間違った目の洗浄
こちらも特にお子様のいらっしゃる方はご注意が必要ですわね。プールなどではゴーグルが必須のようです。目の洗浄器なども設置されたプールが多いでしょうが洗えませんねシャワーの際もゴーグルが必要です。

水道水で目を洗ってはダメです。目にゴミが入ったとき以外は目を洗ってはいけません。涙成分の中の油性分やムチンなどの角膜を守ってくれる成分が水で洗い流されると角膜が傷みます。また水道水も無菌ではありません。一定の菌数以下というだけで、汚染されています。地方の水道水にはアメーバ原虫がいることもあります。

出典 http://toyokeizai.net

花粉症のときは目を洗いましょうなどと、目を洗うホウ酸などの洗浄液が宣伝されています。これもとんでもないことであることが理解できるでしょう。目の大事な油層やムチンなどの角膜保護成分を洗い流し、さらには目に汚染液を行き渡らせることになります。

出典 http://toyokeizai.net

ウソ⁉間違ってるの【健康雑学】

目の老化に関して大別すると2つの要因
が考えられます。外的要因、内的要因で
すね。

ここの章では詳しくは控えときますが、
外的要因について少しだけ…近年、TVを
はじめインターネットの復旧、各種デジ
タル化が進みPCやスマホによるブルーラ
イト又、紫外線による目を酸化させる
要因が増えています。

できる限りの予防はしたいものですね。
PCやスマホのブルーライトは目の角膜や
水晶体を通りこし網膜にまでとどき目に
多大な負担をかけてしまいます。

予防としてはサングラスやブルーライト
カットの保護フィルムなどを使用しまし
ょう。



HOYA Z'us-G(ゼウスジー)

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ